スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴーストシップレポート 神々の戦い

20111219_01.jpg
ここは無法者も近づかない大西洋の沖の沖。
そこに待っているのは、どんな屈強の船乗りでも怯え震える幽霊船。
奴らを退治してやると、意気込む船乗り達は後を絶たないが、その後の彼らを見たものはいない。

そう、それまでに今回の旅は危険なのだ。
相手は最強の船、ゴーストシップ!

こんかいこんにちはすのおですは、この幽霊船に宣戦布告する。
命の保障など必要ない、彼はこう言った・・・。

「そこに幽霊船があるから」

20111219_02.jpg
一度に2隻もの幽霊船を相手にする我らがすのお提督
このレベルまでくれば左手で左の船と白兵し、右手で右の船と白兵する。
幽霊船の戦士達は次々と昇天していく。
そう、驚くことにすのお提督は、偉大なる船乗りであると共に聖職者でもあったのだ。
遥か彼方まで道を指し示すかのように、東西に向けられたニ双のエクスカリバー

私はこの日の記憶を忘れたくない、この神々の戦いとも見える壮絶な光景を、ぜひとも皆に知ってもらいたい。
そう思い、一心不乱に筆を走らせた。

20111219_03.jpg
しかし、やはり世界最強の幽霊船、こちらの船も1隻1隻と、力尽きていく。
残り2隻・・・このときほど私は恐怖を感じたことがなかった。
もうダメだと思ったそのとき、すのお提督はエクスカリバーを甲板に刺し、両腕を高らかと空へ上げ
こう叫んだ

「リーテ・ラトバリタ・ウルス アリアロス・バル・ネトリール メディック!」


20111219_04.jpg
最強魔法が味方に降り注ぐ。
こんな光景は見たことがない、世紀末、そう呼んでもいい。
あたたかい光は見方の船を包み込み、次の瞬間奇跡が起こった。




20111219_05.jpg
という、夢を見ました、こんにちはすのおです。

え? 前置きが長いって?
構ってる暇なんてないんだよ、修理と外科連打で忙しいんだ、一撃で沈むから、陣取りも大変なんだ。
話しかけないでくれ;;

20111219_06.jpg
というわけで今回は幽霊船(通称「アゾスク」)にきています。
(詳しいことはググッてね)
基本は白兵上げのようです。拿捕できない船を利用して?全員で半永久的に白兵縛りするというような感じ。
こちらは1隻サポートが外科連打、兵士が足りなくなってきたら、神農のなんちゃらを使って回復、以下エンドレス
(詳しいことはググッてね)
ポイントは、神農なんたらの数、水の数、船には絶対板を刺すこと、そして防御はせめて欲しい。
今回は剣術が6から7へアップ。

20111219_07.jpg
実際はこれくらい離れての参戦
位置取りするだけでも大変で、一度(ひとたび)集中砲火を受けちゃうと簡単に沈んじゃいます。
みんなの邪魔にならないように、船の数が合うまでは片隅でひたすら連打。

みんな、ガンバレー!


20111219_08.jpg
さいごにおいしい所を頂きました!
どうだみたか、俺の頭クリ!






皆様大変後迷惑をおかけいたしました。
ありがとうございました。

Comment

2011.12.20 Tue 18:18  |  

まさかの夢オチ!!!!w
さすがでございますw

メディーーーークと呼ばれるたびに
必死でございました^^
参加くださってありがとうございました!

  • #G/R0oQrY
  • ショウノ
  • URL
  • Edit

2011.12.21 Wed 22:16  |  

正直、SSの数が少なくて悩んだ結果
の夢オチでした。
イメージとしては中学二年生。

正直、神農無駄使いすみませんでした。
と、中の人は言っていました。

めげずにまたよろしくお願いいたします。

  • #-
  • すのお
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://snowdolog.blog111.fc2.com/tb.php/75-61ae6584
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

すのお

Author:すのお
B鯖ヴェネツィアの宝石ロマン系ブログ

最近の記事+コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

ユーザータグ

大商戦PING

定期購読[RSS]

広告

Copyright © すのお
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。